防災グッズ・防災用品.comは、防災グッズの売れ筋の商品やおすすめ商品を激安で販売する通販ショップです。防災グッズセットの売れ筋・おすすめアイテムをはじめ、防災頭巾・非常食・保存食・簡易トイレ・家具の転倒防止グッズ・携帯ラジオ・懐中電灯など、人気防災グッズを通販ならではの激安価格で販売しています。

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

防災グッズ売れ筋アイテム

防災グッズ 激安 通販

地震や火災や水害などの災害はいつ起こるか分かりません。イザという時に防災グッズ・防災用品は活躍します!家具転倒防止グッズで日頃から地震に備え、火災に備えて消火器の場所や使い方も確認しておきましょう。防災セット・非常持ち出し袋には保存食や備蓄水、ラジオ・懐中電灯・防災頭巾・救急セットなどをまとめておくことが肝心です。簡易トイレや寝袋なども大変役立ちます。

防災グッズ 激安 通販

防災グッズ・防災用品は家族構成によっても必要なものが異なります。主なものは貴重品(通帳・印鑑)をはじめ、懐中電灯、ラジオ、3日間程度の保存食・備蓄水、毛布、防災頭巾、救急セット、電池などですが、高齢者がいる家族では常備薬やマスク、赤ちゃんには哺乳瓶や紙オムツ、女性は生理用品なども準備しておくことが必要です。

防災グッズ 激安 通販

地震での死因の多くは家具の転倒によるものです。家の中の家具をチェックして備えましょう。防災グッズ・防災用品は非常持ち出し袋に入れてすぐに持って出られる場所に置いておきましょう。保存食(非常食)は家族の人数分を最低限3日間程度は準備しておきましょう。備蓄水は1人あたり1日3リットルが基準です。防災グッズは年に一度は中身の点検を!

防災グッズおすすめ商品

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

防災グッズの選び方

1. 地震発生

まずは身の安全を第一に確保してください!しかし、むやみに外に出ないでください!

焦らずに揺れが収まってから避難経路を確保し、火の確認・始末をしましょう。

日頃から家具転倒防止グッズやガラスの飛散防止フィルムなどで避難経路を確保しておくことが大切です。

また、夜中に地震が起こった場合に役立つ防災グッズとしては、スリッパや安全靴を枕元に用意しておくと、

ガラスなどの破片で怪我をするのを防げます。防災頭巾やヘルメットは家具や割れた窓ガラス等から頭部を

守る重要な防災グッズです。いつでもかぶれるように身近な場所に置きましょう。

 

2. 地震直後~半日

家族と近隣の状況を把握し、消火活動や救助などにあたってください。携帯電話が使えない場合もあるので、

家族であらかじめ避難場所等を再確認しておきましょう。消火活動には、消火器が必要です。

 

3. 半日~3日目

ライフラインが途切れることが想定されるので、災害時から3日間は自力で過ごせるよう各家庭で最低限の

備蓄水と保存食を用意をしておきましょう。地震で水道が断水してしまうと生活用水を得るには給水車からの

給水しかありません。持ち運びに便利な折りたたみができる給水タンクやバケツがあると大変役立ちます。

また、災害時の有力な情報源は電池で動くラジオです。ガスコンロ、カイロ、毛布・寝袋も季節を問わず役立つ

防災グッズです。災害時に一番困るトイレも簡易トイレがあると便利です。高齢者や障害者、子供のいる家庭

など各家庭により準備する防災グッズは異なります。非常時に最低限必要な防災グッズがあらかじめセットに

なっている防災セットや非常持ち出し袋には各自で個別に必要な防災グッズを追加して入れておきましょう。

 

4日目以降

救援物資が届き、ライフライン復旧の目処が見えてきます。地域で協力しあい復興活動を行いましょう!

更新情報

カートに入れる

商品検索

INFORMATION

防災グッズ 防災用品 防災セット 安い 通販 販売 格安 激安

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

防災グッズ 防災用品


阪神大震災の時に、建物の中で怪我をした人の約半数は家具の転倒が原因だったという調査結果があります。これにガラスの飛散によって怪我を負った人を加えると、実に4分の3の人が家具やガラスで怪我をしたことになります。家具の転倒防止とガラスの飛散防止対策を施せば多くの人は怪我から免れることができますので、防災グッズの中でも特にこの二つの防災グッズを中心に対策を始めることをお奨めします。