• トップ >
  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋)

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

備蓄用食品として、日常生活やレジャーにも!

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 拡大画像

  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 縮小画像1
  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 縮小画像2
  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 縮小画像3
  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 縮小画像4
  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 縮小画像5
  • 栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋) - 縮小画像6

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋)

販売価格:  (税込)

個数

カートに入れる
  • 出荷目安: 
  • 販売状況: 
  • お支払い方法: クレジットカード / 代金引換

おすすめポイント

〇低温蒸気加熱減圧乾燥加工(特許取得)で、油や添加剤を一切使わないピュアな乾燥野菜です
〇夏も安全(腐敗による食中毒の心配がありません)
〇調理済み(開封後すぐに食べられます)
〇個食パック(配分が簡単です)
〇食器不要(そのまま召し上がれます)
〇持ち運び簡単(食べる場所を選びません)
〇すべて国産野菜を使用
〇低温蒸気加工で、野菜の『食物酵素』を生きたまま凝縮

 

 

◆使いやすい小分けパック
『乾燥野菜』は密閉式の個食用パックになっているため、被災現場で配分するのも容易です。

◆すぐ食べられます
調理しなくても、開封してすぐお召し上がりいただけます。歯ごたえがあり、よく噛んでいると野菜の甘みを十分に味わうことができます。さらに、そしゃくすることで空腹感も満たされます。

◆栄養素たっぷり
小袋1つで1日に必要な野菜の摂取量(約350g~400g)の半分の栄養分が補え、おいしいだけじゃないスグレモノです。

『乾燥野菜』は、賞味期限が製造日より5年となっております。備蓄用食品としても有効ですが、日常生活やレジャーにも大いに活用できます。
冷蔵庫を使わず、常温で長期保存が可能なため保管しやすくなっています。軽量かつコンパクトなのも利点です。調理済みですので、料理に手間が掛かりません。

登山愛好家のトレッキング食として、エステサロンではダイエット食として、簡単な旅行食、ランチ食として、など、さまざまな場面で注目されています。

商品説明

【商品名】
『乾燥野菜』ベジタブルミックス
 
【原材料名】
ダイコン、ニンジン、タマネギ、ブロッコリー、トマト、ヤーコン,

【内容量】
1袋(10g×10小袋)

【賞味期限】
ご購入から5年間

【保存方法】
直射日光、高温多湿を避けた場所で保管して下さい。
開封後はチャック部分をしっかり閉め、3カ月を目処にお召し上がり下さい。

【製造者】
株式会社ハンズ・フーズ・ジャパン

【お召し上がり方】
(1)そのままお召し上がり下さい。
(2)水に約1時間浸した後、よく水を切りサラダとして、またスープの具としてお召し上がり下さい。
(3)カレーやお好み焼の具に入れても、おいしく召し上がれます。

【注意事項】
開封時、袋のフチや切り口で手を切らないようご注意下さい。
内袋開封後はお早めにお召し上がり下さい。

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋)

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」(1袋:10g×10袋)

販売価格:  (税込)

3個ご購入いただくと送料無料でお届けします。

  • 出荷目安: 
  • 販売状況: 
  • お支払い方法: クレジットカード / 代金引換

個数

カートに入れる

商品検索

INFORMATION

防災グッズ 防災用品 防災セット 安い 通販 販売 格安 激安

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

防災グッズ 防災用品


阪神大震災の時に、建物の中で怪我をした人の約半数は家具の転倒が原因だったという調査結果があります。これにガラスの飛散によって怪我を負った人を加えると、実に4分の3の人が家具やガラスで怪我をしたことになります。家具の転倒防止とガラスの飛散防止対策を施せば多くの人は怪我から免れることができますので、防災グッズの中でも特にこの二つの防災グッズを中心に対策を始めることをお奨めします。