税込8000円以上のお買い上げで送料無料

屋内・室内で地震が起きたら!行動マニュアル|防災グッズ・防災用品.com

屋内・室内で地震が起きた場合でも、場所や状況や時間などにより最初に取るべき行動は違います。

下記に挙げたものは、屋内で地震が起きた際の様々なシーンを想定した行動マニュアルです。

日頃から防災の心得として、しっかりと再確認して覚えておきましょう。


 

1.食事の支度中に地震が起きたら・・・

 

● 地震の大きさを判断して、まずは落ち着いて火を消し、安全な場所で身を守ってください。
● 油を使用している時に地震の揺れを感じたら、油を浴びないようにすぐにその場を離れてください。

※ ガスの元栓を閉めるのは、地震の揺れが止まってからでも間に合うことを日頃から念頭に入れておいてください。

 

 

2.入浴中に地震が起きたら・・・

 

● 家の中は比較的安全な場所なので、慌てて外に飛び出さないでください。
● まずお風呂のガスの元栓を閉めてください。
● 風呂場の窓や扉を開け、出口を確保してください。
● 特に裸でいる場合は、鏡などの割れた破片による怪我に十分注意して行動してください。

 

 

3.睡眠中に地震が起きたら・・・

 

● 枕や布団などですぐに頭部を保護してください。
● 地震の揺れが止まったら、家族で声を掛け合って家族の無事を確認してください。
● 室内のガラスの破片などに十分に気を付けて、スリッパや安全靴などで行動してください。
● 停電になった場合は、懐中電灯を使って怪我をしないように気を付けて行動してください。

● 万が一、家具などの下敷きになった人がいた場合は、家族で協力して救出・救護してください。

 

 

4.トイレの中で地震が起きたら・・・

 

● まずトイレの中に閉じ込められないようにドアを開けて閉まらないようにしっかりと手で押さえてください。
● トイレ内の棚にある物が落ちてきて怪我をしないように十分注意してください。

※ トイレは家の中で一番安全な場所だということを日頃から念頭に入れておいてください。

 

 

5.エレベーターの中で地震が起きたら・・・

 

● 地震の揺れを感じたら、すぐに『すべての階の停止ボタンを押して最寄りの階で』降りてください。
● 万が一エレベーターの中に閉じ込めたれた場合は、中にある非常電話で連絡して救助を待ってください。
● 地震で避難する際は、エレベーターは絶対に利用しないでください。

 

 

6.デパート・スーパーで地震が起きたら・・・

 

● まずは店内の商品棚からすぐに離れてください。
● 自分の判断で焦って行動しないで、まずは店員の指示通りに行動してください。

 

 

7.映画館などで地震が起きたら・・・

 

● 映画館などの座席と座席の間に身をかがめてバッグなどですぐに頭部を保護してください。
● 自分の判断で焦って行動しないで、まずはスタッフの指示通りに行動してください。

 

 

8.学校で地震が起きたら・・・

 

● 自分勝手な行動は絶対にせずに、先生の指示に従って落ち着いて行動してください。

 

 

9.会社で地震が起きたら・・・

 

● 職場の防災責任者などの指示に従って、あらかじめ決められた手順どおりに落ち着いて行動してください。

 

 

<ポイント>

基本的に自宅などで地震が起きた際は、屋内に閉じ込められないように、扉や窓を開けて逃げ道を確保してください。

ただし、慌てて屋外に飛び出してしまうのは大変危険です。外に出る時は瓦や看板などの落下物に十分注意して、

揺れがおさまった後にしてください。

また、大地震の場合は大揺れがおさまった後も余震が続く可能性があります。ガスの元栓を閉めたり、ブレーカーを

切るなど余震対策をすることが重要です。

カートに入れる

INFORMATION

防災グッズ 防災用品 防災セット 安い 通販 販売 格安 激安

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

防災グッズ 防災用品


阪神大震災の時に、建物の中で怪我をした人の約半数は家具の転倒が原因だったという調査結果があります。これにガラスの飛散によって怪我を負った人を加えると、実に4分の3の人が家具やガラスで怪我をしたことになります。家具の転倒防止とガラスの飛散防止対策を施せば多くの人は怪我から免れることができますので、防災グッズの中でも特にこの二つの防災グッズを中心に対策を始めることをお奨めします。