税込8000円以上のお買い上げで送料無料

屋外で地震が起きたら!行動マニュアル|防災グッズ・防災用品.com

屋外で地震が起きた場合でも、場所や状況や時間などにより避難方法が違います。

下記に挙げたものは、地震が起きた際の様々な場所を想定したベストな避難方法です。

日頃から防災の心得としてしっかりと再確認して覚えておきましょう。
 

1.住宅街で地震が起きたら・・・

 

● ブロック塀は地震で倒壊する危険性があるためすぐに離れて、公園などの広い場所まで避難してください。
● 住宅街の狭い路地にいる時は、できるだけ広い場所へ避難してください。

 

 

2.地下街で地震が起きたら・・・

 

● 地震の際、地下街は比較的安全な場所なので、スタッフの指示に従い、指示通りに落ち着いて行動してください。
● 停電になった場合でもすぐに非常灯が付くので、案内表示に従い壁づたいに歩いて出入り口まで避難してください。

 

 

3.商店街やビル街で地震が起きたら・・・

 

● 看板やガラスなどが落下する危険性があるので、バッグなどで頭部を保護して公園やビルなどに避難してください。
● 古い木造の建物やビルの壁ぎわは危険ですので絶対に避難しないでください。
● 自動販売機も転倒の危険性が高いので近づかないでください。

 

 

4.下校途中に地震が起きたら・・・

 

● 狭い路地ではブロック塀などが倒壊する危険性があるので、すぐに公園などの広い場所まで避難してください。
● 自動販売機も転倒の危険性が高いので近づかないでください。

 

 

5.車の運転中に地震が起きたら・・・

 

● 地震の揺れを感じたら除々に減速し、道路の左側に車を寄せてエンジンを停止してください。
● 地震が起きた際は車から慌てて外に飛び出さずに、ラジオで正しい情報を聞くようにしてください。
● 車から離れる際は『ドアはロックせず、キーはそのまま付けたまま』にしておいてください。

 

 

6.電車やバスの中で地震が起きたら・・・

 

● 地震の際は電車やバスは急停車することがあるので、しっかり吊り革や手すりにつかまるようにしてください。
● 勝手に窓や非常扉から外に出たりせず、乗務員のアナウンスや指示に従って冷静に行動してください。

 

 

7.海岸の近くで地震が起きたら・・・

 

● 避難指示や避難勧告を待つことなく、『まずは海岸から離れて安全な高台』にすぐに避難してください。
● 近くに高台が無い場合は、『3階建て以上の建物』を探してすぐに避難してください。
● いったん波が引いても、津波警報や避難指示が解除されるまでは絶対に海に近づかないでください。

カートに入れる

商品検索

INFORMATION

防災グッズ 防災用品 防災セット 安い 通販 販売 格安 激安

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

防災グッズ 防災用品


阪神大震災の時に、建物の中で怪我をした人の約半数は家具の転倒が原因だったという調査結果があります。これにガラスの飛散によって怪我を負った人を加えると、実に4分の3の人が家具やガラスで怪我をしたことになります。家具の転倒防止とガラスの飛散防止対策を施せば多くの人は怪我から免れることができますので、防災グッズの中でも特にこの二つの防災グッズを中心に対策を始めることをお奨めします。